2011年04月07日

計画停電 その後

皆様いかがお過ごしでしょうか。

前回の投稿から、幾日か経ちましたが
私は、計画停電という 今までに日本では例のない試みを体験しておりました。

今では、需給バランスの目処がある程度把握できるようになってきたことと
これからの季節は、消費量が減ることから ここ最近は毎日
中止の日々が続いておりますが

計画停電の実施期間自体は、来年の夏くらいまでは続ける予定だとかで
最長で2年くらいはやるかもしれないとのこと。

復興まで、かなりの時間が必要だというのが前提での見解なのでしょう。


さて、前回の雑記で 計画停電のことはまた後日と書きましたが
すっかり書く暇なくて忘れてたので
時間あるときにでも、さらっと どんな感じで行われていたのか綴っておこうかと。


計画停電実施発表は、震災から翌日の12日からが最初の予定で出ていましたが
実際のところは、週明けの14日からスタートでした。

どのように停電が起きるかというと

一定の区域を5つにグループ分けし、各グループ3時間ごとに所定の時間
意図的に停電にするというもの。

落とす時間帯は、毎日ローテーションで変わるので
毎日落ちる時間帯は、グループ毎に変わっていきます。

このグループ分けが結構曖昧で、かなり厄介でして
1つの地域だけで、いくつかのグループに分かれていたりするので
自分が知りたい地域がどのグループに属しているのかが判らない!

たとえば、 ○○市 は 第1グループ 第2グループ 第4グループ  に入ってます。
じゃぁ、その市内の何処がどのグループなの?

ってことになるわけです。
なんかこれは、管轄の変電所によって決まってるみたいなんですが
正直、一般ピーポーにはそんなことわからないので
落ちてみるまで、どこなのかさっぱりわかりません。

幸いにも、私の自宅は 職場と同じグループだったらしく
落ちるときはいつも同じ時間帯だったのですぐにグループ判別は出来ました。

ある程度、計画停電にも慣れてきたかなと思ったところで
最近になって、5グループをそれぞれ更に細分化して 25のグループに分けられてしまったあげく
それ以降、まともな計画停電は実施されていないので
自宅のグループがどこかわらかなくなってしまってます。


なんだかんだと、ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが
ヤ○ーのトップにも、計画停電についてはリンクがあると思いますので
それを見れば大体は言ってる意味がわかってもらえるかと思われます。

最後はぐだぐだでしたが、近況兼ねてのご報告でした。
posted by あきぃ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。